アフィリエイトをやめたい!と思ったきっかけを瞬間キャッチ
LINEで送る
[`friendfeed` not found]
[`buzzurl` not found]
[`livedoor` not found]

 

0-93

「アフィリエイトをやめたくなるとき」あなたはどんな時にやめたくなりますか?
アフィリエイトをやめたくなった時の瞬間の感情をキャッチして多くの参入者の「やめる要因」を知っておきましょう。

  • ASPの「A8.net」の管理画面の左上にハチさんが飛ばなくなったとき
  • やっていることに自信が持てない
  • 発生した報酬が却下された
  • アクセスが多かったサイトが圏外に飛ばされた
  • 提携申請を出したクライアントに断られたとき
  • 毎日記事を更新していても一向にアクセスがないとき
  • 生活が成り立たないから
  • 一人で部屋にこもって「脱毛」について勉強しているとき

アフィリエイトの作業ができなくなったり、終わりのない記事更新をする気力がなくなった時にも嫌気がさしてきます。
本来の目的は、「お金を稼ぐこと」ですよね。
いくら続けていても、お金のにおいがしてこないとやめたくなりますよね。

当記事では、アフィリエイトをやめたくなるきっかけについてフォーカスしていきます。

 

 

アフィリエイトをやめたくなる瞬間

いろいろなノウハウを取り入れようと躍起になっても、結局ノウハウによって違う部分に混乱してしまって戸惑っている壁にぶち当たります。

「この教材は詐欺だ!」

「全然、稼げないじゃないか!」

期待した通りにならないことで、ガッカリしてやるきをなくしてしまうと、勢いでやめたくなりますよね。

 

 

アフィリエイターの焦り

稼ぐことに焦っているアフィリエイターは、今現在にやっていることに不安を感じ始めるのです。

「これでいいのか?」
「こんなことをやっていていいのか?」
「この手法で稼げるのか?」
「高額塾に入っている人はみんな稼いでいるのでは?」
「お金をかけなければ稼げないのか?」

 

アフィリエイトは稼げない!

このように決めつける結果になります。
そして、その他大勢の一般人に、「アフィリエイトは稼げないよ。だからやめたのさ。」と常識論ぽく言えば、大抵の人は納得してくれます。

「そうだよね。アフィリで稼ぐのは、無理だよ。」

その他大勢に引き込まれたら、あなたも立派な一般人です。
一般人は、一般人なりに一般的な範囲で「お金がない+仕事がんばろ+無駄づかいやめよ」と平凡に淡々と暮らすことが向いているのではないでしょうか?

 

 

アフィリエイトをやめる人へメッセージ

当サイトで配信していきたいことは、やめたい人はやめることで「正解」+「停滞」だと思っています。

アフィリエイトをやめることは間違っていません。

気持ちの表現や状況など、ほんとうはまだ続けていきたいなら、弱音を吐かないことですね。
あり得ないシステムで不労所得のようにお金が入ってくる可能性が高いのもアフィリエイトの現実です。

だからこそ、裏で地道にあり得ないほど「作業」をしてきた人間だけに光が見えてくるのです。
正直、依頼心と依存症の人には、向かないビジネスだと確信して言えます。
自分で価値を生み出す気合がなければ、商品紹介をする立場ではありません。

もう一度考えてみましょう。
アフィリエイトをやめたら転向「在宅ワーク」