上位化しないページを選定し上位表示のため対応を施す
LINEで送る
[`friendfeed` not found]
[`buzzurl` not found]
[`livedoor` not found]

ページが上位表示されればうれしい。

上位化されていないページを選定することが重要なのは、現在のSEOの特徴です。
サイトの全ページが圏外になっているわけでもなく、ページによっては上位化されているのです。
つまり、ページごとの判断になります。

そこで順位が上がらないページを上位化するための取り組みを紹介していきたいと思います。

 

順位が上がらないページへの取り組み

まず、上位化されていないページを選定しましょう。
そしてサーチコンソールを使います。

サーチコンソールにて以下の内容を確認します。

「検索パフォーマンス機能」
「上位化されていない検索クエリ(キーワード)→クリック」

ページタブに切り替える→検索クエリに該当するページURLを特定

キーワードで上位表示しているライバルのページと比較

「上位化への対応」

• ライバルページと比較してリライト
• サジェストまたは関連キーワード傾向にてリライト
• 検索されやすい語句の盛り込み
• 著作権違反→リライト
• リライト→検索結果上の日付更新
• リライトツールを使ってみる
• 内部リンクの確認・追加・変更
• アンカーリンクのテキストの変更

まず仮説により、やってみて結果を見てみることが大事。
実行した結果、上位表示できれば方法は間違っていなかったことになります。

 

小さな作業に押しつぶされそうになった時

地道な作業になりますが、小さな積み重ねが大きな結果につながることを信じて続ける人が、7桁稼ぐサイト運営者です。
あきらめるのは簡単。
そして他人のせいにするのも簡単です。

 

だけど前に進んで行動しなければ、大きな夢は実現できません。
そのための個人レベルのSEOです。

SEOを駆使してオンラインでお金を稼ぐことは、お金を使ってくれる見ず知らずの相手を幸せにする義務があるのです。
「匿名性が高いから!」
「どうせどこのどいつだか分からないから」
なんて考えでは、途中で挫折することは目に見えています。

 

では、上位表示のためには何が必要なのでしょうか?

 

これはSEOの理論とかではなく、訪問者第一の目線で考えれば、明らかです。
上位表示のためには、そのキーワード(複合キーワード)の表向きも裏もすべて合わせて、必要な情報がわかりやすく詰め込まれているページです。

 

私は、たったこれだけだと実感しています。
たぶん、私が7桁稼いでいたらものすごく実績が後押しして、信頼性が高まることでしょう。

上位表示の結果ではなく本質的なSEOを学ぶための教材
2018年12月末日で遂に販売終了です。