新サーチコンソールでFetchAsGoogleはURL検査に統合
LINEで送る
[`friendfeed` not found]
[`buzzurl` not found]
[`livedoor` not found]

サーチコンソールが新しくなって便利になった
いままでのGoogleサーチコンソールでは、「Fetch As Google」が使えました。
新しいGoogleサーチコンソールでは、「Fetch As Google」が見当たりません。
ページ単位でのインデックスリクエストに重宝していたのに。

 

既存の圏外になってしまったページを修正して、インデックスリクエストはどうすればいいのだろう!?

 

実は、新しいサーチコンソールの機能、URL検査が「Fetch As Google」を含む統合機能なのです。

参照元URL:https://seopack.jp/seoblog/fetchasgoogle_new_tool/

 

 

新サーチコンソールでのFetch As GoogleはURL検査に統合

 

昨日届いた「SEOラボ」からのメールで知ることができました。
「Fetch As Google」は、新しいサーチコンソールでは「URL検査」が該当するようです。

 

新規ページ追加、既存ページを更新した場合、「URL検査」機能によりインデックス促進ができるようになるようです。
さらにSEOラボでは、新しいサーチコンソールで使えなくなった機能を紹介しています。

 

現在サポートされていない機能

・クロール統計データ
・robots.txt テスター
・Google 検索での URL パラメータの管理
・インターナショナル ターゲティング(hreflang タグの管理、または優先的にターゲットとする国の設定)
・データ ハイライター ツール
・HTML の改善
・メッセージの読み取りと管理
・アドレス変更ツール
・使用するドメインの設定
・Search Console プロパティとアナリティクス プロパティの関連付け
・リンクの否認
・インデックスからの古いコンテンツの削除
・プロパティ セットはまだサポートされていません

【参照】Googleサーチコンソールヘルプ

引用元:https://seopack.jp/seoblog/fetchasgoogle_new_tool/

 

新しいサーチコンソールで使えなくなった機能を理解して、慣れていくしかないですね。
とりあえずインデックス促進は、URL検査でできるのだから。
これから様子を見ていきましょう。

 

進化続けるグーグルの精度にしがみついていくことは、サイトアフィリをやっていくうえで重要なポイントです。
あきらめないでコツコツと少しづつ前進していく感覚も必要ですね。
サイトの添削:ターゲットは絞れているか?