実はターゲットを絞れていない!属性に合ったサイトか否か?
LINEで送る
[`friendfeed` not found]
[`buzzurl` not found]
[`livedoor` not found]

中高年のアフィリエイトは時間がかかる
実はアクセスを集めているようで属性があっていない可能性がある!
ターゲットが絞りきれていないサイトになっていないか?
この記事は、ユーザー(サイト訪問者の属性・ターゲット)についての方法論です。

 

属性に合ったアクセスを集める方法

属性に合ったアクセスなのか?深堀してアウトプットにより明確にしていくのです。
(属性を明確にする必要性がある)

男? 女?
大人?子供?
年齢別・・・
何をしている人?
何を体験した人?
何に困っている人?
何ができる人?そして・・・
何ができない人?

 

 

アフィリエイターが侵す間違い

アフィリエイターが陥る間違いは、最初の入り口なのです。
ASPからのメール案内が定期的に届きます。
高額案件など新着キャンペーン案件に惑わされて無理やり、商品を紹介する大人の事情のような行動もありますからね。

 

「サイトコンセプトと一致しない」アフィリエイトプログラムを紹介していること!
その商品(サービス)を求めていない人を集めているケースがあるのです。
あなたのブログやサイトは、意味不明なぼやけたコンセプトになっていませんか?

 

 

サイトのコンセプトを再確認

一度、アフィリエイトありきではないサイト構築に思考をシフトすることが肝心です。
訪問者が求めている情報を提供する。
いたってシンプルな情報発信の意義なのです。

 

訪問者にとって必要性を感じない情報しかないから、検索エンジンのアルゴリズム修正が必要なSEO事情になっているだけのことです。
検索キーワードでサイトに訪問した人がサイト内で紹介している、アフィリエイトプログラムがマッチしていないのです。

それはただの広告!

 

 

 

ただの広告はスルーされるだけ

ニュース

ヤフージャパンのトップページから、ニュースのその先を読みたくなってクリックした先にしつこく出てくる!
ヤフー広告と同じに目障りな状態を自分のサイトでも展開しているわけです。

 

それならば、属性となる人物の目的を果たすためには、「○○〇」が必要になるのです。

 

サイトに訪問してくれた訪問者の属性を理解して、その属性が必要とする「商品・サービス」を紹介するのがサイトアフィリエイトです。
だからこそ、サイト作成の順序を考え直すこと!つまり設計図です。

 

最初にやるべきことは、設計図です。
設計図の作成の段階でユーザーを絞り込むことなのです。
設計図が出来上がれば、あとは計画通りに埋め込んでいく感覚ですね。

 

そんな時に役に立つのが、本質のビジネス向けのSEOとコピーライティングのノウハウになります。

 

本質のSEOとコピーライティングの音声講義から理解できたこと